借金には利息がつきものです

クレジットカードは借金と区別

クレカ

お金を借りると言っても、クレジット会社でショッピングなどの利用をする場合は、借金と言うイメージはあまり感じません。

逆に、ゴールドカードやプラチナカードを持っている事がステータスのように思う方もいて、高額な年会費を払ってでもそういったカードを維持する方もいます。

しかし、借金と区別して考えられるのは、食事や買い物をして、一括払いの場合のみです。

分割払いやキャッシングの場合は、今お金が無いから借入れし(利用し)、少しづつ返済しする内容のため、明らかに借金と変わらないのです。

その為、クレジットカードを何枚も持っているからと言って悪いイメージもないのですが、実際の内容は解りません。

さらに、ETCの普及によりそれだけのためにカードを作成する人も多いのですが、それがきっかけでガソリンをカード払いにするようになります。

カードのポイントで始まる

クレカのポイント

そのうちポイントが付く事を知り、現金で払うよりもメリットがあるので積極的にカードを利用するようになる方もいます。

ここで気を付けなければいけないのが、最初は利用した分の金額を銀行口座に入金していたのがだんだん面倒になったり忘れたりして、気がつけば 多額の請求が来て支払いが出来なくなることもあります。

クレジットカードの最大のメリットは、現金を持って歩かずに済み、小銭の面倒な清算もなく、カードを落とした場合、他人にショッピング (キャッシングは除く)などに使われても保険会社が支払ってくれるため、請求されることが無いので安心です。

また、金利の面でも、一括払いなら金利無料だったり、安いところでは金利3%だったりと金利の面でもメリットはあります。

上手にクレジットカードと付き合って行くには、利用した分は翌日銀行に入れることが一番の対策だと思います。